【英語日記BOY要約・感想】SNS世代必見の新井リオ氏独自の学習メソッド!

英語日記BOY(新井リオ)

・新井リオ氏の著書「英語日記BOY」とは?

・実際に使えそうな学習法?

といった疑問に答えていきます。

簡潔にいうと、新井リオ氏は「日記を書きつづけ、英語を話せるようになった人」です。

「英語日記BOY」では実際に、新井リオ氏が英語を話せるようになるまでの、およそ5年間の試行錯誤がつまっています。

ryo

まさに学校では教えてくれない、英語学習法でした!
本記事の内容
・著者の新井リオ氏の経歴

・英語日記BOYの感想

・英語学習の新たな可能性

この記事を読み終えると、英語日記BOYの概要、英語学習に関する新たな気づきを得られますよ!

英語日記BOYの著者新井リオ氏とは

新井リオ氏とは?

英語日記BOYから新井リオ氏の経歴をご紹介します。

Designer / Illustrator 1994年生まれ。立教大学社会学部卒。

19歳から独学で英語とデザインを学ぶ。2016年カナダに渡り、フリーランスデザイナーに。

Sony Music Shop / TOWER RECORDS / ヴィレッジヴァンガードとのコラボグッズ、雑誌WIRED / EYESCREAM web連載イラスト提供など。

「英語日記」による勉強法をつづったブログが、約2年にわたり「英語 独学」Google検索1位(累計300万PV)を記録。

英語日記BOYから感じ取れる新井リオ氏の人間性

新井リオ氏を一言で表すなら、主体的な人間だとぼくは考えます。

ひとつ例を挙げてみます。

オンライン英会話は、通常「自己紹介」→「本レッスン」の流れだが、この間に「日記添削の時間」を挟む。

自分の書いた日記を、オンライン英会話の講師に添削してもらうのです。

多くの人は、用意された教材をこなすのが一般的です。

ryo

ぼくも、毎日レアジョブでただただ教材をこなしていました。

しかし新井リオ氏は、オンライン英会話の25分を最大限活かすために「日記添削の時間」を自ら設けたのです。

何に対しても、新井リオ氏は主体的に取り組んで、自らの道を選択していくので、心から尊敬できました。

英語日記BOYの要約・感想

英語日記BOY、要約・感想

英語日記BOYの要約・感想を4つに絞ってご紹介します。

英語日記BOYの要約・感想
・「英語が話せる」の定義づけ

・日記を書く際のポイント

・あらゆるツールを使う

・英語は一つのツールに過ぎない

ひとつずつ説明していきますね。

「英語が話せる」の定義を決める

英語日記BOYの中で、新井リオ氏は最初に「英語が話せる」の定義を決めています。

いま言いたいオリジナルフレーズが瞬時に出てくること

この定義はぼくの中で、しっくりきました。

なぜならオンライン英会話のレッスン中に、言いたいけどフレーズがわからなくて伝えられなかった経験がたくさんあるからです。

ryo

あなたも簡単なフレーズなのにわからなくて、後悔したことありませんか?

いま言いたいフレーズが瞬時に出てくれば、会話に困りません。

つまり「英語を話せる」のです。

「英語が話せる」の定義
いま言いたいオリジナルフレーズが瞬時に出てくること。

日記を書く際のポイント

英語日記を書く際のポイントは、「10秒で話せる内容を英語にする」です。

なぜなら日記すべてを英語にしようとすると、ハードルが上がりやらなくなるからです。

人間は新しい習慣を身につけるとき、ハードルが高いとうまくいきません。

運動習慣をつけたくて、早起きしてランニングしようとするのと一緒です。

ハードルが高すぎて、だいたい三日坊主になりますよね。

英語日記のポイント
10秒で話せる内容を英語にする

あらゆるツールを使う

英語日記BOYの中で、新井リオ氏は実際に使ったツールを紹介しています。

  • Google検索
  • Twitterで例文検索
  • Instagramでコミュニティ作成
  • LINEで単語をメモ
  • Siriで発音矯正
  • オンライン英会話
  • YouTube
  • ラジオ

TwitterやLINEを英語学習にSNSを取り入れるのは、SNS世代の新井リオ氏ならではの方法に感じました。

実際に無料で使用できるLINEやTwitterは、コスパ最強のツールですよね。

ryo

特に10代、20代の人は参考になる学習法ですよ!
MEMO
あなたと相性の良いツールを英語学習に取り入れましょう!

英語はひとつのツールに過ぎない

英語を話せるようになりたいと考えているあなた。

英語を使ってなにをしますか?

アメリカに行けば、「英語を話せる」は武器になりません。

だからこそ、英語を使ってなにをするか?考える必要があります。

新井リオ氏が実践・提案したのは「掛け合わせ」です。

  • 英語 × スキル
  • 英語 × 日本人
  • 英語 × インターネット

ryo

英語日記BOYには新井リオ氏の実体験をもとに、実践的な内容が記載されていたのもGoodでした。
英語を使ってなにをするか、常に考えましょう。

 

英語日記BOYおすすめ

新井リオ氏の英語日記BOYは以下の方におすすめできます。

英語日記BOYをおすすめできる人
・安く英語を話せるようになりたい

・海外で仕事をしてみたい

・各種ツールの使い方を知りたい

ひとつずつ説明していきますね。

安く英語を話せるようになりたい方

新井リオ氏は、海外留学をせず日本で英語を話せるようになりました。

日本ではオンライン英会話のみ(当時月額3,000円程度)の投資だったようです。

残りは無料のツールを使い倒して、「英語を話せる」状態になったのです。

英語日記BOYには、その方法が実践的に紹介されています。

MEMO
安く英語を話せるようになりたい方におすすめです。

海外で仕事をしてみたい方

新井リオ氏のカナダでのデザイナーとしての、仕事の経験が記載されています。

記載内容
・「英語 × 日本人」「英語 × スキル」を武器に海外で仕事をする際のポイントや心構え

・案件獲得のためにやったこと

新井リオ氏の経験は、海外で働きたい方にとっては1,800円以上の価値があると言えます。

各種ツールの使い方を知りたい方

新井リオ氏がSNSを英語学習ツールとして、どのように使用したか実践的に紹介されています。

  • スマホがあって英語学習に集中できない
  • 隙間時間を有効に使いたい
  • 自分ひとりではなく、励まし合える仲間がほしい

ryo

英語学習はひとりでやると、続きにくいかもしれませんが、報告し合える仲間がいれば安心だね。
MEMO
各種ツールの使い方を知りたい方にオススメです。

まとめ

英語日記BOYについてまとめます。

  • 新井リオ氏は「日記を書き続けて、英語を話せる」ようになった人
  • SNS世代にとってはとても参考になる学習方法
  • 英語を使ってなにをするか考えましょう

英語日記BOYには新井リオ氏のおよそ5年間にわたる、英語学習経験がつまっています。

そのため英語日記BOYを読めば、英語学習法に悩む心配もなくなりますよ。

彼の5年間の試行錯誤がたったの1,700円で、追体験できるチャンスです。

ぼくとともに「英語を話せる」ようになりましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です