オールディフェンシブチームに選出されたクレイ・トンプソンのディフェンス

「クレイ・トンプソンはシュートだけじゃない?」

「ディフェンスの中核を担う存在!?」

クレイ・トンプソン選手は優れたシュート力や数少ないドリブルで得点を量産する選手です。

しかし、優れているのはオフェンスだけではありません。

ドレイモンド・グリーン選手やアンドレ・イグダーラ選手とともにチームディフェンスの中核をになっています。

オフェンスでは、ステファン・カリー選手やケビン・デュラント選手に隠れ、ディフェンスではドレイモンド・グリーン選手に隠れてしまう存在です。

ぼくは悔しいです笑

この記事では、クレイ・トンプソン選手のロックダウンディフェンスをご覧いただき、さらにクレイ・トンプソンを好きになっていただけたらと思います。

ロックダウンディフェンス
ボールマンやボールに対するしつこいディフェンスのこと

クレイ・トンプソンのロックダウン

3分ほどの短い動画です。よろしければ、ご覧ください。

クレイ・トンプソンはオールスターに5度選出され、キャリア8シーズンでの3Pシュート成功率が40%を超える高確率を記録しています。

オフェンス面で優れた成績を残しているのは間違いありません。

一方でディフェンス面に関しては、過小評価されているのでは?とずっとぼくは感じていました。

先発のシューティングガードを務めるトンプソンですが、常にマッチアップは相手チームのエースガードやスコアラーです。

NBAファイナルで何度もトンプソンとマッチアップしたカイリー・アービング選手は、トンプソンがオールディフェンシブチームに選出されていないことを疑問視していました。

当然、コーチやチームメイトからもディフェンスに対する評価は高いものでした。

トンプソンのシュートの調子が悪くても、コートに居続けるのはディフェンス力を評価されているためなのです。

トンプソン自身も、オールディフェンシブチームに選出されている選手より、自分がディフェンス面で劣っているとは思っていないようでした。

というのが、2018年シーズンまでの結果や周囲の評価でした。

オールディフェンシブチームに選出!

2019年とうとうトンプソンはオールディフェンシブチームに選出されました。

オールディフェンシブチームは毎年10名(ガードは4名の狭き門)です。

■オールディフェンシブ1stチーム 
センター:ルディ・ゴベア(ジャズ/196P):通算3度目(①×3) 
フォワード:ポール・ジョージ(サンダー/195P):通算4度目(①×2、②×2) 
フォワード:ヤニス・アデトクンボ(バックス/193P):通算2度目(①×1、②×1) 
ガード:マーカス・スマート(セルティックス/145P):初選出 
ガード:エリック・ブレッドソー(バックス/100P):初選出 

■オールディフェンシブ2ndチーム 
ガード:ドリュー・ホリデー(ペリカンズ/90P):通算2度目(①×1、②×1) 
ガード:クレイ・トンプソン(ウォリアーズ/82P):初選出 
センター:ジョエル・エンビード(シクサーズ/80P):通算2度目(②×2) 
フォワード:ドレイモンド・グリーン(ウォリアーズ/61P):通算5度目(①×3、②×2) 
フォワード:カワイ・レナード(ラプターズ/39P):通算5度目(①×3、②×2)

まとめ

いかがでしたか?

ディフェンスができる選手は、シュートが上手い選手に劣らないくらいかっこよくみえるものです。

クレイ・トンプソンのディフェンスにも今後注目してみてください。

特にウォリアーズの場合、グッドディフェンスからの3Pで一気に会場が盛り上がります。

見ていて、とてもテンションが上ります。

そんなプレイを東京オリンピックで見られたら、最高ですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です