【キャッシュレス|スマホ決済】LINE Pay・PayPay便利な点3つ!

現在、多くの会社がスマホ決済サービスを始めています。

支払いがスムーズであり、ポイント還元率も高いため、注目も集まっています。

そんな中、種類がありすぎてよくわからない方や使い方がわからない方も一定数いるかと思います。

その人たちの参考になれば幸いです。

今回はユーザー数が多い”LINE Pay”と”PayPay”について便利な点を比較・紹介します。

1. あらゆる支払手段に対応したキャッシュレス決済

LINE PayとPayPayの支払い方法で主に使うのは、”バーコード決済と”QRコード決済”です。

バーコードは店員さんに読み取ってもらうので、一番楽で速い支払い方法です。

ただ、気を付けたいのはあまりにも早くから画面を開いていると、支払いの時に再度ログインする必要が出てくることです。

LINE Pay、PayPayともに5分ほど経過すると、再度ログインが必要になります。

ログイン方法も指紋認証を設定しておけば、即ログインできるので安心してください。

QRコードの場合は、4段階に分かれています。

  • レジにあるQRコードを読み込む
  • ユーザーが金額を入力する
  • 店員さんに金額を確認してもらう
  • 「支払い」を押す

基本的にはバーコード決済ですが、地方に行くとQRコードを使う頻度が増すというイメージです。

2. チャージ・送金がスピーディー

チャージと送金システム、それぞれがめちゃくちゃ速いです。

感覚としては、5~10秒くらいで、完了します。

当然ですが、ATMに行ってお金を引き出すより断然速いです。

手数料もかかりません。

24時間対応しているので、銀行の時間を気にして早めに仕事を切り上げる必要も、手数料を気にして平日にお金を下ろす必要もありません。

オートチャージ機能もあるので、設定額になったら自動で入金することもできます。

チャージや送金には銀行口座やクレジットカードの設定が必要なので、説明したいと思います。

・LINE Pay

下記画面にて銀行口座を選択すると、画面が切り替わります。

ユーザー数の多い銀行だとすぐ選べるようになっています。

登録方法は以下の通りです。

  • 口座情報・パスワードなどの情報を準備
  • 銀行を選択して必要な情報を入力
  • 銀行のWebサイトで必要な情報を入力

登録が完了したら、LINE Payにチャージが可能です。

クレジットカードは基本的に必要なくて、LINE Payの場合は銀行口座の登録だけで十分です。

クレジットカードからのチャージには対応していないためです。

・PayPay

PayPayもLINE Pay同様簡単に銀行口座を設定できます。

PayPayはYahoo!ウォレットを前身としているので、ヤフーカードと紐づけると還元率が高くなっています。

また、チャージするときもヤフーカードから行うとポイントが1%還元されます。

ほかのカードでチャージを試したことがないので、その他のカードについてはわかりません。

ただ、ヤフーカードを新規発行すると、僕の時は4000ポイント付与されたので、この機会にヤフーカードを発行するのもいいかもしれません。

3. ポイント還元率が高い

昨年末のPayPay100億円あげちゃうキャンペーンで一気にPayPayは有名になり、ユーザー数も最も多くなっています。

それに伴い、各社キャンペーンを行いポイント還元率を高く設定し、ユーザー数を増加しようとしています。

今回はLINE PayとPayPayでどんなキャンペーンをやっているか、僕がいいと思う点を紹介していきます。

LINE PayのキャンペーンのGood point

LINE Payのキャンペーン開催時期としては、これまでの傾向として月初もしくは月末が多いです。

今月に限ってはどちらもキャンペーン期間になっています。

10月以降も継続して、キャンペーンを行うようです。

内容はLINEpayでご確認ください。

PayPayと大きく違う点は、1回の支払いでの還元額に上限が設定されていないということです。

例えば、期間中の還元上限額が1万円で還元率が20%の場合、一回の支払いで最大1万円の還元を受けられます。

上記の場合は、5万円のものを買っても1万円の還元が受けられるということですね。

これは高額商品を買った際はありがたいことですね。

PayPayの場合は、違っていて1回の支払いの際に受けられる還元額が1000円/回に決まっています。

これが大きな違いで、数万円のものを買うならLINE Payがおすすめです。

PayPayのキャンペーンのGood point

PayPayは2019年10月以降も、何らかのキャンペーンを行うことが決定しています。

詳しくは公式ページでご確認ください。

paypay公式

PayPayのキャンペーンは5月までは使用することで上限1000円までの20%還元でした。

6月からは特定の店舗に限られています。

今月ならドラッグストアですね。

使用場所を制限されると思われますが、視点を変えるとそれだけ多くの場面で使用できるということです。

PayPayは圧倒的に使用できる店舗が多いです。

LINE PayとPayPayを同じエリアで比較してみました。

上がLINE Pay、下がPayPayです。

それぞれのアプリで利用できる店舗を検索できることも、便利な点です。

今後どんなキャンペーンを行うか楽しみですね。

4. まとめ

今年10月の消費税引き上げに向け、各社スマホ決済サービスに先行投資しています。

PayPayは10月まで何らかのキャンペーンを行うことをすでに発表しているので、10月までは特定の条件で高還元を行うと予想されます。

その間はLINE Payなどもユーザー数確保のため、何らかのキャンペーンを行うはずです。

すぐそこまで迫った消費税増税、ぜひ今からスマホ決済を始めて、ポイント還元をどんどんもらいましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です