【人生を変える、お金の使い方。】勉強こそが、人生最大の投資である。

「老後資金が2000万円必要!?」とか「本当に年金がもらえるのか」

といった情報をきき自分の将来に不安を持つ方もいると思います。

人生を変える、お金の使い方。/千田琢哉では、将来に不安を持つぼくたちに、何にお金を使うべきか教えてくれます。

なぜなら、著者の千田琢哉さんは若い頃から自己投資を始め、成功を収めたうちの1人だからです。

若い世代、10代、20代の方も理解できる内容になっているので、ぜひ手にとって読んでほしい一冊です。

この記事を読み終えると、これから自分がやるべきことを理解しているでしょう。

おすすめできる理由

堂々と自社製品をすすめる男性

人生を大きく変えて飛躍した長期的な成功者たちは、一人の例外もなく、お金を勉強と環境に使っていた。

本書冒頭p.2より

著者である千田琢哉さんは、これまで1万人を超えるビジネスパーソンと対話し、観察を繰り返してきました。

そこから導き出された結論が上述の引用です。

また、千田さん自身が学生時代に1万冊以上を読破した、という読書家です。

そのあらゆる経験が、本書につまっており、読者はたったの1~2時間で知識や教養を得て行動に移すことができます。

まだ社会経験の浅い僕にとっては、今後の人生における投資対象を定めるうえで、参考になる本でした。

すでにお金の使い方にぶれない軸を持つ方にもおすすめできます。

なぜなら、システムにおいてバグが発見されれば修正するように、人の考えにもアップデートは必要です。

変化の激しい時代になり、偏った考えや知識は危険に思えます。

自分と違った視点の考えを受け入れ、日々自分の考えや知識を改めることが必要に思えます。

「お金の使い方」について、本書は新たな気づきを与えてくれるでしょう。

勉強こそが、人生最大の投資である

最近になって、読書を習慣化することに僕は成功しました。

まだ読書歴の浅い僕ですが、読書が有意義であると感じています。

そんなときちょうど本書で以下の言葉に出会いました。

迷ったら、形のないものにお金を使う。

この世で最強の投資は、本である。

人生を変える、お金の使い方

スッと自分の中にインプットすることができました。

やはり読書の魅力は、自分では長い年月を必要とする経験・知識をたったの数千円で知ることができる、だと思います。

そしてなぜかアウトプットしたくなります。

その結果、僕はブログで発信することにたどり着きました。

アウトプットは人それぞれで、「税金に関するセミナーに行く」なども立派なアウトプットだと思います。

インプットで終わらせず、アウトプットするとさらに成長できる気がします。

本を読んだらどんどんアウトプットしましょう。

まとめ

知識や経験といった形のないものに投資することが、人生を変えることにつながることを教えてくれます。

勉強への投資が、時間、人脈、恋愛、仕事における成功をもたらし、人生が最大化するという事実も非常に興味深いです。

この本を読み、人生を最大化するファーストステップを踏み出しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です