夕日と雲海のコラボ!ソラテラス|竜王マウンテンパーク

信州のるるぶやまっぷるをみると、竜王マウンテンパークのSORA terraceがでかでかと掲載されています。

標高1,770mの急斜面に建てられた雲の上のテラスから、「サンセット+雲海+星空」がみられるスポットとして、スキーシーズン以外でも評判になっています。

この記事では実際にソラテラスで何ができるのか、何があるのかをお伝えしたいと思います。

いざ、ソラテラスへ!

竜王マウンテンパークに到着したら、まずはロープウェイ乗り場に向かいます。

世界最大級のロープウェイ(166人乗り)に乗って、急斜面を約8分間登っていきます。

ロープウェイは本当にでかいです。笑

ロープウェイには犬も乗せることができるので、犬も含め家族みんなで絶景を楽しむことができます。

ちなみに2019年9月初旬に行ったときは、PayPayでの決済が可能でした。

キャッシュレス派の人には、ありがたいですね。

■竜王ロープウェイ情報
春営業期間:2019年5月25日(土)~11月4日(月・祝)
※9月2日(月)~6日(金)はロープウェイ運休。
運行時間:9:00~19:00(最終上り18:40)
※星空ナイトクルーズ営業日~21:00
往復料金:大人¥2,500/子ども¥1,300
竜王ロープウェイ情報ページはこちら

MEMO
ロープウェイは20分ごとに運行しているので、長時間待つ必要なし!

ソラテラスからの絶景!

ジブリの世界に迷い込んだような、そんな錯覚に襲われそうになる景色です。

気象条件が合わされば、テラスから幻想的な雲海を体験することができるようです。

雲海発生率はなんと64.3%!遭遇できる確率は非常に高くなっています。

しかしこの日は、あいにくの晴天。なんてこったー。

夕日を見るまでの時間つぶしには、ハンモックでダラーっとするのもいいかもしれません。

2019年9月初旬のテラスは、気温も程よく、ハンモックで日中は快適に過ごせました。

ただ、カップルや家族など多くの人で賑わっているので、タイミングを逃すといつまでも使えなさそうです。

絶景の夕日!

雲海がなくて少々寂しさもありますが、とてもきれいな夕日でした。

妙高山の後ろに消えていく夕日が、ピンク・黄色・オレンジなど様々な色を空に並べ、あたりが暗くなっていきます。

SNS映えまちがいなしの夕日です。

2019年9月初旬の日の入り時刻は18時~18時10分くらいでした。

日の入りの2時間くらい前に行って、太陽の景色と夕日の景色を比較したり、カフェでゆっくりするのがおすすめです。

日の入り後は気温もだいぶ下がり、風があるとすごく冷え込みます。

簡単に着ることができる上着が必須になります。

まとめ

今回は雲海に遭遇できませんでしたが、それでも行ってよかったと、あの夕日をみて思えました。

皆さんにも夕日・星空・雲海をみていただき、たくさんの思い出を作って欲しいです。

車で行く方は、道中狭い道もありますので、気をつけてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

4 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です