【台湾|淡水】絶景の夕日が見れる穴場スポットに行ってきた!

「淡水ってどんな場所?」

「時間が限られているけど、淡水に行く価値あるかな?」

といった疑問に答えていきます。

淡水で見れる夕日は絶対に見るべきだと言えます。

なぜなら、実際に淡水の美しく幻想的な夕日を見て、恋人や家族とともに見入ってほしいと感じたからです。

この記事では、淡水への「行き方」「夕日」を中心にご紹介します。

「淡水に行く予定の方」や「台湾旅行でどこを回ろうか検討している方」の参考になればと思います。

この記事を読み終えると、淡水への行き方と淡水の魅力が理解できます。

淡水への行き方

淡水へはMRTで台北駅から約40分で行くことができます。

終点の駅なのでわかりやすいと思います。

淡水の街並み

横浜の山下公園に雰囲気が似ているなあ、と着いた時に感じました。

夕日を見ながら歩ける海岸沿いの遊歩道が、駅からおよそ2キロ続いています。

駅から遊歩道に出るとすぐに、出店が並んでおり、夕食を食べることができます。

僕は辛い食べ物が苦手ですが、ホットサンドのようなものを食べました。

辛さのレベルは、最低レベルでしたが、日本人にとってはすこし辛い設定になってるように感じました。

辛そうにしていると、お店のお姉さんが「大丈夫?」と声をかけてくれる素晴らしいお店でした。

お店周辺で猫に出会ったり・・・。

淡水で絶景の夕日を見よう

2019.05.03 18:15に撮った写真です。

スタバと夕日のコラボなんてなかなかないので、つい撮ってしまいました。

みんな夕日に見とれてますね。本当にきれいでした。

5月に行った場合、18時くらいまでに淡水につけば、日没に間に合いそうですね。

あとは天気次第!

余談ですが、ドローンで夕日を撮影している人がいました。

もしかしたら、ドローンの使用が許可されているのかもしれません。

気温は25度くらいで、半そでで過ごすにはちょうどいいくらいでした。

ただこのあと、夜に向けてやや冷え込んだので、不安な方は上着を持っていくのが無難です。

夜になるとおしゃれな街灯や橋が、姿を現します。

まとめ

いかがでしたか?

淡水についてまとめました。

  • 台北駅からMRTで40分程度
  • 海岸沿いの遊歩道を歩きながら散歩できる
  • 夕日は絶景
  • 5月初旬の日の入りは18時過ぎ
  • 夜は肌寒くなるので、上着の準備を

淡水は仇份などに比べると知名度は低いですが、素敵な街でのんびり夕日を見ながら過ごせます。

ぜひ恋人や家族で素敵な夕日を見に行ってください。

ここでは紹介できなかった観光スポットが淡水にはまだまだあるので、みなさんそれぞれのプランで淡水を楽しんでください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

3 COMMENTS

夕日と雲海のコラボ!ソラテラス|竜王マウンテンパーク | 泣き虫ブログ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です