【 ハーバード式英語学習法 |5行エッセイ 】知らないと損?今日から試せる英語学習法!

ハーバード式英語学習法

・英語学習法を見直したい

・1年くらい英語学習をやったけど成果が出ない。

ぼくは英語学習法が、高校の時から変化していないことに気づき、本書を読みました。

ryo

今回は「ハーバード式英語学習法」についてご紹介します。

簡潔にいうと、ハーバード式英語学習法は「5行エッセイと徹底した発声練習」です。

本書では、ハーバード式英語学習法が英語初学者にもわかりやすく、実践的に説明されています。

すべて紹介したいところですが、この記事ではハードルをとことん下げた実践法を紹介します。

本記事の内容
・ハーバード式英語学習法とは?

・ハーバード式英語学習法の実践法

・ハーバード式英語学習法を読んだ感想

この記事を読み終えると、ハーバード式英語学習法のファーストステップを実践できるようになりますよ。

ハーバード式英語学習法とは?

ハーバード式英語学習法とは?

ハーバード式英語学習の考え方は、『 5行エッセイに英語すべての「キホン」がある 』です。

理由は、書けない英語はどんなに努力しても話せないからです。

I like summer best. (私は夏が好きだ。)

The days are longer. (日が長い。)

we can dress down. (楽な服装ができる。)

I can travel with my family. (家族と一緒に旅行ができる。)

My favorite season is summer. (私の好きな季節は夏だ。)

ハーバード式英語学習法 p.7

上記のようにたった5行のエッセイに「結論→理由→結論」が含まれ、自分の意見を伝えられます。

5行のエッセイではありますが、書ける5行エッセイを増やしていけば、その分会話で使えるフレーズが増えますよね。

5行エッセイは、英語初学者にとってもハードルが低く、継続しやすい点もGood。

MEMO
5行エッセイが、ハーバード式英語学習法の軸になります。

ハーバード式英語学習法のポイント①;トピックを選ぶ

ハーバード式英語学習法のポイントは、「 5行エッセイに自分の関心のあるトピックを選ぶ 」です。

理由は自分に関心のあるタイトルでないと、書く気になれないからです。

たった5行のエッセイといえ、興味のないトピックでは書くのに時間がかかりますよね。

ryo

時間がかかると、めんどくさくて習慣化しにくくなります。
MEMO
自分がサクッとかけるトピックを選びましょう。

ハーバード式英語学習法のポイント②;結論 → 理由 → 結論

ハーバード式英語学習法のポイント2つ目は、「 結論 → 理由 → 結論 」の順に書くことです。

なぜならこの順番で話すと、相手に自分の考えがシンプルに伝わるからです。

たとえば日常的な会話シーンを思い浮かべてみてください。

ryo

ぼくは海外旅行が好きだ。
理由は?

ryo

理由は①〜、②〜、③〜だからだよ。

と3つくらい話しますよね。

最初に結論を話すと、結論がボヤけずにすみます。

MEMO
「 結論 → 理由 → 結論 」の順に書きましょう。

ハーバード式英語学習法のポイント③;トピックを増やす

ハーバード式英語学習法のポイント3つ目は、「 トピックを増やす 」です。

なぜなら5行エッセイはどんな分野でも書けて、それがそのまま会話に使用できるからです。

例えば、トピックが「事業戦略」と、少し固い内容でも利用できます。

It is critical ti jump into foreign markets. (海外市場に打って出ることは不可欠だ。)

The domestic market is shrinking. (国内市場が縮小している。)

Asian markets are growing. (アジア市場が成長している。)

Our company has a variety of advantages. (当社には多くの強みがある。)

We have no other choice than going overseas. (海外進出以外に選択肢はない。)

ハーバード式英語学習法 p.39

5行エッセイのトピックを増やすと、ビジネス、プライベート問わず、英語で自分の意見を伝えられるのです。

トピックをどんどん増やしていきましょう。

ハーバード式英語学習法の実践法

ハーバード式英語学習法の実践ポイント

ハーバード式英語学習法の5行エッセイを実践する際のポイントを、2つにしぼってご紹介します。

2つの実践ポイント
・毛色の違う理由を3つ並べる

・できる限りシンプルに書く

ひとつずつ説明していきますね。

毛色の違う理由を3つ並べる

ハーバード式英語学習法で5行エッセイを実践する際に、毛色の違う理由を3つ並べましょう。

というのも、違う切り口の理由のほうが説得力が増すからです。

「 アイスクリームが好き 」を例に説明しますね。

似た理由と毛色の違う理由

上記のように、違う理由を並べたほうが説得力が増しますよね。

MEMO
毛色の違う理由を並べましょう。

できる限りシンプルに書く

ハーバード式英語学習法の実践のさいに、文はできる限りシンプルに書きましょう。

なぜなら単文を意識すると、頑張らなくてもいいからです。

文が短いほど、書くのも話すのも簡単になりますよね。

接続詞の使い方を考えなくていいし、聞く側も単文の方が楽です。

常に相手を意識して、自分の考えをシンプルに伝えましょう。

ryo

文はできる限りシンプルに!

 

ハーバード式英語学習法を読んだ感想

ハーバード式英語学習法を読んだ感想と実践した文を紹介します。

ハーバード式英語学習法から得たもの
・トピックを決めて実際に書いてみた

・発音のルールを知った

ひとつずつ説明していきますね。

トピックを決めて実践

ハーバード式英語学習法にしたがい、「 好きなこと 」をタイトルに5行エッセイを書きました。

I like basketball.

It is so fun to play basketball.

I like to watch NBA.

I like Yuki Togashi.

Basketball is my favorite sport.

たった5行のエッセイですが、「 ぼくはバスケが好きだ。 」を英語で伝えられました。

理由を広げていけば、会話のネタに困る心配もなさそうですよね。

  • NBAの好きなチーム
  • いつからバスケをやっているか
  • 富樫選手のどこが好きか

ryo

あとはタイトルを横展開して、さまざまな場面で使えるようにすればOK!

発音のルールを知った

本書のハーバード式英語学習法では、発音のルールについても記載されています。

子音消失の法則

子音の「pstk(プスツク)」「bzdg(ブズヅグ)」が単語の最後にある場合、その音は「ほぼ消える」

top → トッ(プ)

big → ビッ(グ)

子母連結の法則

子音で終わる単語のあとに母音や「y」で始まる単語が続く場合、その「子音と母音がつながる」

Come on → カモン

Let’s run away → レッツラナウェイ

これらの2つの発音ルールを知るだけで、スピーキング・リスニングどちらにとっても大きなプラスです。

日本人の話す英語から抜け出すためには、知っておきたい知識。

発音のルールを知れば、これまで感じていた違和感も解消されるはずです。

ryo

英語ならではの、発音のルールを学べますよ!

まとめ

ハーバード式英語学習法についてまとめます。

  • 5行エッセイがハーバード式英語学習法の軸
  • 自分に関心のあるタイトルを選ぶ
  • 結論 → 理由 → 結論の順に書く
  • 文はシンプルに
  • 理由は毛色の違うものを3つ書く

ハーバード式英語学習法は、たった5行のエッセイを軸としています。

英語初学者にとっても、学習ハードルが低いのでとっつきやすいですよね。

行動して、続けた人しか英語で相手に意見を伝える体験をできません。

英語で相手に意見を伝えるために、日々の5行エッセイを続けてみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です